体調の不良の原因にはビタミン不足などがあります。

ビタミン不足で引き起こされる症状には体の疲労感、息切れ、貧血、不眠や肌荒れまで様々です。

ビタミン不足になる原因には食生活の乱れやストレス、野菜不足、過度のダイエットなどがあります。

食生活の中では、インスタント食品やジャンクフードを出来るだけ避けて、たばこやアルコールも控えた方が良さそうです。

577832dc7468f458386ab3e2eefb8a59_s

しかし、食事から全部のビタミンを摂取するのは難しいので、わたしは薬局などで購入したマルチビタミン&ミネラルというサプリメントを飲んでいます。

特にビタミンCのサプリメントなどは2、3時間ごとに摂取すると良いと言われています。

ビタミンには筋肉や神経の疲れをやわらげる働きや、体の免疫力を高める働きもあります。

そのほかにビタミンEなどは血液の流れをよくして、溜まった疲労物質を運び去る働きもあります。

ビタミンB1が不足すると疲れが生じやすくなりますので、ビタミンB1を多く含む食材の豚肉や玄米、うなぎやニンニクを積極的に取ると良いと思います。

他にも精力剤などが手軽にコンビニや薬局で手に入ります。スポーツをした後や食欲がない時にはビタミンの栄養ドリンクを飲むのがお勧めです。

最近はグミサプリというサプリもコンビニに売っているので、お手軽にビタミンが取れていいですね。新しいモノをどんどん取り入れて、自分に合う健康管理のスタイルを見つけるのが一番かと思います。